グルメ・クッキング

2018年6月 9日 (土)

八海山日本酒会

先日、滋賀県の石山にある、「焼肉おきな」という近江牛を食べさせてくれるお店で
八海山日本酒会があって参加してまいりました。
知人に紹介されて、夫婦で参加しました。

お酒リストは
003

という内容で、すべて日本酒(八海山)です。あたりまえですが・・・。
どれも美味しいですが、変わったところでは「あわ八海山」という、
食前酒として頂く、シャンパンのような日本酒があって、驚きました。
そして、お酒に合う料理ですが、
002
このようなメニューが用意されていました。

Img_0520
「極上焼きしゃぶ 黄金ウニダレ」です。
さっと炙ったあと、右上のウニダレで頂きます。
大満足のお味でした。

Img_0524
「炙りユッケ」です。
お酒が合うこと、最高です。

Img_0525
「かぶりロースの炙り刺し」
目の前でバーナーで炙って、ワサビでいただきます。
ワサビが効いて、本当に美味しいです。

Img_05281
「近江姫和牛スジ煮込みとパリパリ春雨のチシャ菜包み」
スジの何と柔らかくて美味しいこと!
どんどんお酒がすすみます。

Img_05351
「近江姫和牛肉寿司」
その名の通りです。めちゃくちゃ美味しいです。

まあ、いくつか紹介しましたが、どれも日本酒と合う、素晴らしいお料理でした。

個人的には
Img_05311_3
このお酒(原酒)が、コクも風味もあって気に入りました。

また、機会に恵まれたら参加したいと思います。





2018年5月 8日 (火)

ワイン Riesling Kabinett,Fritz Allendorf

ドイツのフリッツ・アレンドルフという人が作った白ワインです。
リースリングなので、当然甘口ですが、芯がスっと通ってシッカリ味わえて楽しめました。
ゲーテさんが愛飲していたとも聞きましたが、確かに美味しく頂けました。
個人的にはボトルのキャップがコルクではないのが嬉しいのですが、何よりも、鮮やかな
ブルーが映えます。
味がしっかり濃いので魚料理とかにも合いそうに感じました。
Photo_4
お勧めの一本です。

2018年5月 7日 (月)

ワイン Wöllsteiner Hölle Kerner Kabinett

ワインの名前の決め方は全く分からないのですが、ケルナーという品種のカビネットという
等級のブドウを使ったドイツ白ワインです。
このワインは少し軽い味わいですが、香りは桃とミカンを混ぜたようなやや甘いワインです。
甘さはしつこく無いので飲みやすいですが、やはり食前酒のような頂き方になるように
感じました。
Photo_3


2018年5月 6日 (日)

ワイン Pieroth Tradition Guldentaler Riesling

ドイツのグルデンターラー リースリング というワインです。
リースリングというブドウは甘口の、とてもフルーティーな味のワインになるようです。
これも甘いのですが、果実酒らしく、色々な果物が混ざった、香りと酸味を楽しめました。
メインの料理前に頂くワインかなあと思います。
Photo_2

2018年5月 5日 (土)

ワイン Windesheimer Schlosskapelle Auslese

久しぶりにワインを頂きました。
少し続けてレポートします。

ドイツのヴィンデスハイマー・シュロスカペレ アウスレーゼという赤ワインです。
Sweet Red Wineということで、甘い、フルーティーなロゼです。
甘いお酒が好きな人にはお勧めです。
Photo

非常に飲みやすく、私は特に甘いお酒が好きという訳ではありませんが、
アッという間に空いてしまいました・・・。
ボトルがとてもオシャレで贈り物にしても喜ばれると思いますよ。

2017年9月 3日 (日)

函館の朝市、イカ刺し

先般アップした函館朝市のイカ刺しです。少し詳しく説明します。
だいたい、どこのお店でも同じ感じでやってます。
画像のような水槽(小さな生けす)で、当日の朝、港に上がったイカが
ウヨウヨと泳いでいます。
Img_1768
このイカを、お店にある1m弱の、数本のフックのような針のついた釣り竿で
泳いでるイカの、いわゆる耳のところに引っ掛けて釣り上げて、自分で
食べたいイカをゲットします。
そうすると、お店の人が鮮やかな手並みで一匹を丸々と刺身にしてくれます。
Img_1769
画像はちょうど、肝を取り出しているところです。
Img_1770_2
見て下さい。
このピッカピカのプリプリした肝の美味しそうなこと!!
本当においしかったです。
丸ごと刺身にするとこんな風になりました
Img_1773_2
身の透き通っていること。感動しますよ。
肝も美味しいですが、目玉は珍味です。アルコール我慢できません。
足というか手は、食べると吸盤が舌に少し吸い付きます。
この触感は韓国でイイダコを食べた時以来の触感です。
全体に良い加減の塩味と、噛んだ時にジワッと甘みを感じますし、
本当に新鮮なイカは、ワサビよりもショウガが合うように思いました。
(まあ、好みですかね・・・)

函館に行かれた際には是非食してみて下さい。
絶対のお勧めです。

2017年7月 8日 (土)

ワイン Schlossgut Diel Riesling Tradition

先日、ピーロードさん主催の試飲会に参加しました
その際にドイツワイン シュロスグート・ディールの白を買い求めました。
リースリングという白ワイン用のブドウから作られたそうです。
Img_1571Img_1572
柑橘系を思わせる、ジュースのようなお味で楽しく頂けます。
(微炭酸系のお味)
ただ、この甘さをどう評価するのか、また、どのような料理に合うのか
好みとしては意見が分かれそうです。
アルコール度数は少し低めなので、飲みやすいと思いますが、味的には
量を飲むとあきるかもしれません。
でも、本当に色々なお味のワインがあるのだなあとつくづく感心しました。

甘いワインが好みの方にはおすすめです。

では、また。

2017年1月 2日 (月)

ワイン クラウディア・デ・ヴァルフォアモサ

ワイン クラウディア・デ・ヴァルフォアモサを入手しました。
スペイン産です。
キリっとしていて辛口で、香りも良く軽やかで、料理は何にでも合いそうです。

Img_1061

価格的には2千数百円といったところです。
画像にある、ピーロート・ジャパンさんのお勧めで試飲して
気に入ったので購入しました。

また、美味しいワインに出会ったらご報告します。

2016年12月24日 (土)

ワイン Pieroth Freinsheimer Rosenbühl Blauer Spätburgunder Auslese

ピーロート・ジャパンさんのオフィスで、
Pieroth Freinsheimer Rosenbühl Blauer Spätburgunder Auslese
という赤ワインを試飲させて頂きました。
とても美味しいワインでした。
Img_1032
ドイツワインで、相当な老舗のようです。
生産地はPfalz 、
Blauer Spätburgunderというのはブドウの品種?のようです。
以前に紹介したBor Forrás Hajós Baja よりも、さらにフルーティーで
軽やかな甘みを感じました。
(エグミとか渋さは全く感じません)

値段は4,000円前後のようです。少しお高いですが、お勧めです。

2016年11月29日 (火)

感想です。

近所の居酒屋さん(空っ風というお店を探してみて)での
飲み状況です。

Img_0992_2

お刺身美味しいです。

Img_0996

ポンカラです。
鳥のから揚げと大根おろしがメチャ合います。

私的には超お勧めのお店です。