« 2018年度版「スピーカー工作の基本&実例集」の製作(補足) | トップページ | ISO Acoustics モニタースピーカースタンドを購入しました。 »

2018年9月 2日 (日)

2018年度版「スピーカー工作の基本&実例集」の製作(試聴)

OM-MF5を付属のエンクロージャーに入れました。
エンクロージャーはSSCにて塗装しています。
また、吸音材の類については、今回は全く使用していません
Img_06411
こんな感じで鎮座していますが、全く違和感ありません。堂々としています。
音出しは、LPレコードでアバを聴きました。
その瞬間の印象としては、

・音が明るくクリア。前に出ている。低音も出てるし、シャープな低音。

少し音出しを続けて安定してきた後、ヴォーカル、クラシック、ジャズなど
好きなアルバムをランダムに聴きました。
感想としては、

・ノラ ジョーンズさんの特有のハスキーな声がメチャクチャリアル。
・クラシック新世界もそこそこ雄大さを鳴らしている。
・Eric Alexander Quartetのシャープで時にメロウ、時にスピーディーな
 感じがゾクゾクするほど出てる
・桑田さんの「ガラクタ」が若く聴こえる。

などなどでした。
我が家のメインスピーカー達ちと並んでも、全くおかしくは無いです。Img_0642

8センチユニットは今回が初めてですが、その威力はすごいの一言です。
やはりというか5センチとは違いを感じました。
かつ、フルレンジ特有の音源定位の素晴らしいこと。
感心しきりです。
SSCを塗装していない時の音色を聴いていないので何とも言えませんが
今回の塗装システム、私としては大満足な結果となりました。

皆様も是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

もう少し使い込むと、音作りもやりたくなると思います。
その時には、吸音材とか考えてみたいと思います。

では、また。





« 2018年度版「スピーカー工作の基本&実例集」の製作(補足) | トップページ | ISO Acoustics モニタースピーカースタンドを購入しました。 »

オーディオ」カテゴリの記事