« 2018年度版「スピーカー工作の基本&実例集」を購入しました。 | トップページ | ダイポールアンテナ付きFMゲルマラジオの製作(1) »

2018年8月11日 (土)

LTSpiceでFMゲルマラジオをシミュレーション(8)

進歩なく、FMゲルマラジオのシミュレーションを続けています。
色々とやっている間に妙な現象に陥ってます。
回路図はフォスター・シーレ回路として、下記の通りです。
00

この回路そのものは珍しく無いと思いますが、リアルに近づけたく、
変調の元になる低周波は正弦波を2つ重ね、少し変形させています。
また、ダイオードの1N60をネットで調べ、より詳細に定義しました。
更に、変調波の受信時の電圧を3ミリVになるように設定してみました。

(これがリアルに近いかどうかは分かりませんが・・・)

で、シミュレーションした結果が次となります。
Photo

先ず、15PFのバリコン使用を想定していましたが、C2に30PF程度を
使用して容量を増やさないと、76MHz~90MHzを受信しそうにありません。
(FFTを見てそう思いました)

で復調された信号を見ますと、本来、回路図のOUT1から低周波を取り出す
ハズなのに、全く波形をなしておらず、かつ、OUT2からは比較的良好な
波形が得られました。
グラフは下から、変調に使った低周波信号、OUT1出力、OUT2出力です。

何故こうなるのか、全く分かりませんが、ダイオードの設定を詳細に定義
し過ぎていて、逆に何らかの誤りがあるのかもしれません。

奥が深いのか、シミュレーションソフトの限界かもしれませんが、全く分かりません

引き続き深みにハマっていく気がしています。

« 2018年度版「スピーカー工作の基本&実例集」を購入しました。 | トップページ | ダイポールアンテナ付きFMゲルマラジオの製作(1) »

LTspice」カテゴリの記事