« FMゲルマラジオを実験してみました(9) その2 | トップページ | LTSpiceを始めました(1) »

2017年11月 5日 (日)

FMゲルマラジオを実験してみました(9) その3

LTspiceのシミュレーションを元に実際に組み立ててみました。
倍電圧検波のダブルといった、何て呼んだら良いのか分からないような回路です。
配線図としては
Image1
こういった感じで、まともなアースも取ってないし、アンテナ端子は同軸ケーブルです。
どうなることか・・・

で、一応、手持ちパーツを元に、半日かかって作ってみました
Img_0273
こんな感じです。
バリコンのダイヤルが巨大なものしかなくて、何か、凄く変ですが、
一応、作ってみました。
裏側は例によってフランケンシュタインのような配線になってしまったので
お見せできません。(T_T)
また、今回も、ダイオードはソケットで交換できるようにしています。

受信テストしてみました。
・ブースター無しで部屋の壁にあるテレビアンテナ端子から同軸でつなぐと
 78MHzが受信できました。
 残念ながら、他の放送は無理でした。
 (ザーというノイズは聞こえるのですが・・・)
・ブースターを通すと、78.0MHZ、81.0MHz、88.7MHzの放送が確認できました。
 (DSPラジオとの聴き比べで)

音量はこれまでに作ったラジオよりも大きいように感じますが、分離については
いまいちでした。

色々と楽しめましたが、FMゲルマラジオってちゃんと聴くのは大変だと
改めて認識したしだいです。

ではまた。




« FMゲルマラジオを実験してみました(9) その2 | トップページ | LTSpiceを始めました(1) »

オーディオ」カテゴリの記事