« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

2017年7月23日 (日)

FMゲルマラジオを実験してみました(6)

先日、実験完了みたいな投稿しましたが、相変わらずやってます。
フォスターシーレ検波で東京タワーど真ん前で受信成功したので、今回は
基本に立ち返り、スロープ検波でもう少し頑張ろうと思いました。
で、以前に、ミズホ通信研究所様のHPの情報を元に簡易的に作成したものを
一旦分解して、今度は可能な限り忠実に作成してみました。
とはいうものの、パーツもあり合わせで、とりあえず画像のようになりました。
Img_1600
ミズホ通信研究所様のHPに記載されている通り、外部アンテナおよびロッドアンテナを
接続可能なFMゲルマラジオ(W100×D85×H50)です。
ちなみにダイオードは手持ちが1N60しかなかったのでそれで作りました。
本当は、外部アンテナコイルと検波コイルが、もう少し同調コイルの真ん中で
シンクロする構造だったのですが、目分量で適当に作ってたら画像のように
寸足らずになってしまいました・・・(いずれ何とか直したい・・・)
で、
・FMトランスミッターで電波を飛ばすと、コイルに数センチの距離で
 ロッドアンテナ無しで一応は受信します。
 (試した限りは76M~90M弱がギリギリの感じ)
・トランスミッターにワイヤーを巻いて、ロッドアンテナ端子にワニ口クリップで
 つなぐと、まあまあの音量で聴ける。
 ところがそのクリップをアース側につなぐと突然大音量に・・・
 正直、意味わかりません。
・部屋のTVアンテナ端子を外部アンテナ用の同軸端子に接続。
 期待しましたが、何も聞こえず。
・部屋のTVアンテナからの出力をブースターに突っ込んで、増幅。
 それを外部アンテナ用の端子につなぐと、雑音混ざりますが、まぎれもなく
 放送を受信。
 再度確認しましたが、78MHzのFMCOCOLOです。何故この放送局なのか
 そこが分かりません。
ということで、ブースターを使って室外でどうなるか、強電波の場所でどうなるか
近いうちに試してみたいと思います。

ではまた。

2017年7月19日 (水)

ゲルマニウムラジオについて その2

その後のウンスンゲルマラジオ(ウンともスンとも言わないゲルマラジオ)のことは
忘れることにしました。
別の目的があってバラしたので、確認しようがなくなりました・・・。

それはさておき、以前アップした、AM用の高感度ゲルマラジオについて少し実験
してみました。
Img_1590
このラジオのことです。
現在の自宅では、電波状況もあって、夜間にベランダで日によって1~3局の
放送をきわめて小さい音ですが受信できます。
それも一応は画像のようにアンテナ無しの状態で受信できます。
(室内では全く受信できません)
それはそれですごいと思うのですが、実は私の田舎が京都久御山にある
KBS京都の放送塔から直線距離で2.5Kmのところにあります。
この環境でどうかと思って受信試験をしたところ、家の中の居間で、普通に
そこそこの音量で受信できました。
特に窓際に行った状態とも変わらず、全く普通に楽しめます。
(もう一局、小さい音ですが受信しました。NHK?)
ゲルマラジオでも電波が強ければ、本当に、普通のラジオのようにアンテナや
アースをつながなくても、しっかりと受信できることを確認しました。
それも実用レベルです。
これはこれで感動しているしだいです。
いずれは自作のゲルマラジオで受信を楽しみたいと思います。

2017年7月15日 (土)

FMゲルマラジオを実験してみました(5)

再び、性懲りもなくFMゲルマラジオを実験してみました。
実験は2つ試みました。
先ずは一つ目の実験です。
以前、ブースターにロッドアンテナを取り付けて、ベランダで何か受信できないか
試したことを報告しました。
その際には全く受信できなかったのですが、同じ構成でベランダと反対側にある
マンションの共用廊下部分で同じことをやってみました。
Photo
こんな感じです。
実は建物のずっと先(20Km以上)の山の上にFM放送の電波塔があることを
知って、上手くすれば何か受信できるのではと期待してやってみました。
すると、相当に音は歪んでますが、まぎれもなく放送を受信できました。
後でトランスミッターを使って受信したと思われる周波数のあたりをつけて、
エフエム滋賀ではないかと思っています。
(以前、室内のTVアンテナから同軸をつないで確認した放送は実はこれ?
  今度もう一度調べてみよう・・・
  ちなみにゲルマラジオに直接ロッドアンテナを取り付けてみましたが、
  受信は確認できませんでした。)
もちろん、ブースターで電波を増幅しているので、ゲルマラジオで受信したと
言えるのか疑問ですが、電波さえ強ければ受信できるのだと分かりました。
これは私にとっては大きな成果です。

そこで、今度は2つ目の実験です。
所要で東京に出かけることになり、移動中の時間を利用して、一瞬ですが
東京タワーの近く(距離は約480m)で受信テストをしました。
こんな感じです。
Img_1588
すると、この画像の状態で放送を一つ受信しました。車の騒音がひどかったですが
それに負けないくらいの音量で受信を確認しました。
何かの講義か解説のような内容だったので放送大学ではないかと思います。
また、このアンテナを真横にすると、少し混信しますが別の音楽放送を受信
することができました。
おそらく、TOKYO FMだと思います。
いやあ~、ずいぶんと手間取りましたが、やっとFMゲルマラジオにロッドアンテナを
取り付けた状態での受信に成功しました。
アンテナを外すと何も聞こえません。本当は金属ケースの蓋を外してコイルをタワー
方向に向けて受信できるか確認したかったのですが、ドライバーも無ければ時間も
無かったので、実験はここまでとしました。

とにかく、電波が強ければ受信できることを確認しました。
東京タワー恐るべし。
いずれ時間のある時に、地元の放送塔の近くで受信実験してみたいと思います。
(ネットで調べると、東京タワーの電波発信のパワーはケタ違いの様子なので、
 地元では少し苦労するかも・・・)

一連の実験、いろいろと楽しめました。
興味のある方、ぜひチャレンジしてみてください。

2017年7月 8日 (土)

ワイン Schlossgut Diel Riesling Tradition

先日、ピーロードさん主催の試飲会に参加しました
その際にドイツワイン シュロスグート・ディールの白を買い求めました。
リースリングという白ワイン用のブドウから作られたそうです。
Img_1571Img_1572
柑橘系を思わせる、ジュースのようなお味で楽しく頂けます。
(微炭酸系のお味)
ただ、この甘さをどう評価するのか、また、どのような料理に合うのか
好みとしては意見が分かれそうです。
アルコール度数は少し低めなので、飲みやすいと思いますが、味的には
量を飲むとあきるかもしれません。
でも、本当に色々なお味のワインがあるのだなあとつくづく感心しました。

甘いワインが好みの方にはおすすめです。

では、また。

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »