« ゲルマニウムラジオについて その2 | トップページ | FMゲルマラジオを実験してみました(7) »

2017年7月23日 (日)

FMゲルマラジオを実験してみました(6)

先日、実験完了みたいな投稿しましたが、相変わらずやってます。
フォスターシーレ検波で東京タワーど真ん前で受信成功したので、今回は
基本に立ち返り、スロープ検波でもう少し頑張ろうと思いました。
で、以前に、ミズホ通信研究所様のHPの情報を元に簡易的に作成したものを
一旦分解して、今度は可能な限り忠実に作成してみました。
とはいうものの、パーツもあり合わせで、とりあえず画像のようになりました。
Img_1600
ミズホ通信研究所様のHPに記載されている通り、外部アンテナおよびロッドアンテナを
接続可能なFMゲルマラジオ(W100×D85×H50)です。
ちなみにダイオードは手持ちが1N60しかなかったのでそれで作りました。
本当は、外部アンテナコイルと検波コイルが、もう少し同調コイルの真ん中で
シンクロする構造だったのですが、目分量で適当に作ってたら画像のように
寸足らずになってしまいました・・・(いずれ何とか直したい・・・)
で、
・FMトランスミッターで電波を飛ばすと、コイルに数センチの距離で
 ロッドアンテナ無しで一応は受信します。
 (試した限りは76M~90M弱がギリギリの感じ)
・トランスミッターにワイヤーを巻いて、ロッドアンテナ端子にワニ口クリップで
 つなぐと、まあまあの音量で聴ける。
 ところがそのクリップをアース側につなぐと突然大音量に・・・
 正直、意味わかりません。
・部屋のTVアンテナ端子を外部アンテナ用の同軸端子に接続。
 期待しましたが、何も聞こえず。
・部屋のTVアンテナからの出力をブースターに突っ込んで、増幅。
 それを外部アンテナ用の端子につなぐと、雑音混ざりますが、まぎれもなく
 放送を受信。
 再度確認しましたが、78MHzのFMCOCOLOです。何故この放送局なのか
 そこが分かりません。
ということで、ブースターを使って室外でどうなるか、強電波の場所でどうなるか
近いうちに試してみたいと思います。

ではまた。

« ゲルマニウムラジオについて その2 | トップページ | FMゲルマラジオを実験してみました(7) »

オーディオ」カテゴリの記事