« FMゲルマラジオを実験してみました(2) | トップページ | FMゲルマラジオを実験してみました(4) »

2017年5月28日 (日)

FMゲルマラジオを実験してみました(3)

何故か、「自宅でFMゲルマラジオを聴きたい」との思いで、色々と実験に
はまってます。
前回までの実験で基本的な回路としてはAM波もFM波も検波出来ることは
分かりました
先般作成したフォスターシーレ検波をもう少し実験することにしました。
CRL様の「ゲルマラジオの試作工房」に記載の、「VHFゲルマラジオ」を
参考にして、前回はプリント基板上に組み立てましたが、今回は色々と
いじってみたく、ブレードボード上に構成しました。
やはりブレードボードは便利です・・・
感じとしてはこんな感じになります。少し慣れて、かなりコンパクトな構成と
なりました。
2
これは、「ゲルマラジオの試作工房」に記載の、「VHFゲルマラジオ」の
画像を参考に、
・2つのコイルを横に並べるのではなく、絡み合わせるような感じで構成
・バリコンを検波側コイルではなくアンテナから電波を受信するコイル側に
 置いてみました。
理論も根拠もありません。なんとなく、そうしてみただけです。
で、FMトランスミッターで電波を飛ばすのであれば、感度も分離も良くて
スロープ検波の構成とは基本性能が違うなあといった感じでした。

で、無謀にも部屋のTVアンテナ端子を接続してみました。
当然のように何にもおきません。
しかし、アンテナ端子からの出力(同軸ケーブル)をブースターに接続した
ところ、微かにですが、すごい雑音に混ざって音楽や人の声が微かに
聞き取れました。
実験(2)で、78MHzあたりで聞いた放送です。
で、本来のCRL様の、「VHFゲルマラジオ」の回路に戻して、画像のような
感じで何を受信しているのかラジオとゲルマラジオで聴き比べながら確認を
したところ、FM COCOLOを受信しているようです。
当方は滋賀県に在住なので、何故生駒の向こうの局からの放送が聴ける
のか、もっと言うと、何故それしか聞けないのか不思議です。
(しかも相当に周波数違うし)
01
ブースターを停止すると何も聞こえなくなりますが、画像にあるSONYの
ラジオからも何も聴こえなくなりました。
つまり、ブスターによって相当に電波が増幅されてるのかなあと思います。
個人的にはこのあたりが実験の限界ですかね。
自宅に八木式アンテナ立てられる方、うらやましい限りです。

では、また。

« FMゲルマラジオを実験してみました(2) | トップページ | FMゲルマラジオを実験してみました(4) »

オーディオ」カテゴリの記事