« ゲルマニウムラジオについて その1 | トップページ | 九州旅行で懐かしの名車みました »

2017年4月29日 (土)

FMゲルマラジオを実験してみました(1)

ウンともスンとも言わないゲルマラジオの件で、いろいろとゲルマラジオの作り方を
検索するとFMゲルマラジオの制作例がヒットします。
基本的にゲルマラジオと同じ回路で周波数変調された電波を検波できるそうです。
その制作例の中で、ハンドルネーム : CRL様の「ゲルマラジオの試作工房」に、
FM波の検波回路としてフォスターシーレー方式の検波回路を使ったゲルマラジオの
試作について詳しく解説をされています。
ここに示された回路図を参考に画像のようなものを作ってみました。
Img_1243
もっと簡単にブレッドボード上に組むつもりが、段々とすごいことになってしまって、
画像のようにユニバーサル基盤上に組んでみました。
(裏面の配線は酷い状況なのでお見せできません・・・(T_T)  )
そこにFMトランスミッターで、iPhoneから音楽を飛ばしてみました。
Img_1250_2
(これを使いました)
あまり気にしていませんでしたが、このトランスミッターは88.1~107MHzの電波を
出すので、海外仕様の製品かもしれませんね。
で、結果として、この装置を基板上にあるコイルの部分に接触させると、なんとiPhone
からの再生音がクリスタルイヤホンから聞こえました。
そこで、我が家(マンション)の壁に付属しているTVアンテナ端子から同軸ケーブルで
接続してみました。(これは、FMチューナーに接続すると、綺麗に聞こえるからです。)
Img_1246
結果としては「ビューン」という雑音が入りますが、それに加えて一つだけ放送が
受信できました。
ただ、残念なのは音が歪んでいることと雑音がひどいことです。
しかし、こんなラフな装置でFM波を検波できたのは驚きです。
ひとまずは実験はここまでとして、別の機会にはAM波と同じ検波回路で本当に
受信できるのか、確かめてみたいと思います。





« ゲルマニウムラジオについて その1 | トップページ | 九州旅行で懐かしの名車みました »

オーディオ」カテゴリの記事