« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月26日 (日)

私のオーディオ原点 その3

なんか昔を思い出してゲルマラジオを作ってみました。
バリコンとダイオードがセットになって、コイルとイヤホーンは
自分で手当てするような内容のキットがあったので、画像のような
感じで作ってみました。
Img_1226
(奥さんが見て「しょも!」と一言で感想言ってました)
で、これの動作確認をしました。
・室内でアンテナ無しの状態。
 当然、ウンともスンとも言いません。
 先日、実験した、家電製品の近くに置いても、雑音一つしません。
・ベランダでアンテナ無しの状態。
 室内と何ら変わらず。

どこか配線を誤っているのか、どれかのパーツが不具合か・・・
そもそも、アンテナ無しでの受信が無理なのか・・・

で、数日後、我が家でゲルマラジオが聴けるのか、ベンチマークを
することにしました。

超高感度ゲルマラジオという商品があるのを知って、購入しました。
(販売はヤフオクのみのようです)
Img_1227
ずいぶんと、コイル(だと思う)の大きなゲルマラジオです。
で、同じことをしてみました。
・室内でアンテナ無しの状態。
 同様に今回も、ウンともスンとも言いません。
 でも、家電製品の近くに置いてみたところ、「ギューン」というような雑音が
 聞こえます。これは期待できそう。
・ベランダでアンテナ無しの状態。
 昼間は何も聞こえませんでしたが、夜中にやってみたところ、かすかに
 ニュース、歌、韓国語の何かの3放送を確認できました。
 コイルの向き、選局のつまみを微調整、これを延々と繰り返すと、確かに
 きわめて小音量ですが受信できました。
 すごいですね。確かに超高感度だと思います。

では、アンテナを付けたらどうなるか・・・

残念。当方、マンションなので、アンテナを取り付けることができません。

ということで、できることはここまで。
オーディオの原点回帰が思わぬゲルマラジオ作りになってしまいました。
でもゲルマラジオ作りは楽しいです。これで音が出てればよかったのですが
ゆっくりと何か手を考えたいと思います。





2017年3月12日 (日)

私のオーディオ原点 その2の追加

先日、ちょっとした懐かしさから組み立てた一石ラジオですが、室内だと何故こんなに
雑音が凄いのか不思議でした。
感度そのものは比べものになりませんが、所有しているスカイセンサーや旅行用の
ポケットラジオでもAM放送については同じでした(ビックリ)。
(ちなみにFM放送はロッドアンテナを立てれば室内でも普通に使えます)
で、ネットで調べてみると、電化製品から何とかクロック信号が出ているとか色々と
雑音の元があって、特にAM放送は弱いようです。
考えてみたら、7年前には木造一戸建てで、贅沢にも空き部屋をオーディオルームに
していました。部屋にはアンプ(それも古い真空管式の)こそありましたが、他には
何の電化製品もなかったと思います。だから、雑音の発生源はあっても別の部屋だし
近くには何とかクロックを出しそうなものは一つもありませんでした。
それが今はマンションに移って、一つの部屋にテレビ、パソコン、エアコン、除湿器、
空気清浄機、FAX付電話、ネットサーバやギガスイッチ、D/Aコンバータ・・・
凄い状態です。

旅行用のポケットラジオ使って実験してみました。
Img_1173
上側は窓際でAMで何も聞こえないところを選局(電波が無い)した状態です。
それを電化製品に近づけると、「ギューン」という凄い雑音とともに同調ランプが
点灯します。
ちなみに下の画像は空気洗浄機に近づけたときの画像です。
洗浄機はコンセントは差し込んでいましたが、スイッチはOFFの状態でした。
それでもこの状態です。また、どこにダイヤルを合わせても同調ランプは点灯状態。
(時々、雑音がしなくなり、ランプも消えます)
コンセントを抜くと、数秒後に雑音がなくなり、ランプも消えます。

これが、殆どの電子機器で一緒でした。

我が家だけがこんな状態なのか、他所のお宅も同様なのか・・・・・・

何か、こんなに雑音電波(電波なのかどうか知りませんが)が飛び交ってる中で
生活していて体には影響無いのか考えてしまいました。
また、同調ランプを点灯させるだけのエネルギーがあるのなら、これを集めたら
何かの役に立たないのかなあとも思います。

雑感ですが、投稿します。

2017年3月 1日 (水)

私のオーディオ原点 その2

書こうかどうしようか迷ってましたが投稿します。
オーディオの原点ということで、その2です。
以前、その1では、音の出るメカに興味を持ったと言いました。
そのことを改めて思い起こすと、40年以上前に知った、ゲルマニウムラジオが
原点となります。
電池なし、構成も簡単。作成も単純。
当時は父親に教えてもらいました。
でも、アンテナ(相当でかかったような・・・)に接続すると、AM放送がちゃんと
受信できました。
当時は家の外に針金を張って、自分なりにアンテナを作ってました。
それを思い出して、実は先日、何か作りたくなって自作してみました。
今の住まいは電波状況がさほど良くないので、ゲルマラジオは厳しいと思って
一石のレフレックスとしました。

Photo
シャンテック電子さんのキットをベースに、ラジオを組み立てました。
(回路図を参照)
一つのトランジスタで高周波を増幅して検波後に低周波を増幅するので、
そこそこの感度と音量で楽しめるハズです。
で、画像のようにいろいろなパーツを日本橋のデンデンタウンに行って
追加購入して、
Img_1171Img_1172
こんな感じで作ってみました。
久しぶりの工作で、視力は衰えてるし、ハンダ付けは手が震えるし、
大変でした。
で、音出しですが、残念でした。
家の中ではノイズ(「ピャー」とか「ジャー」)だけで何も受信できません。
家の外では混信しますが、いろいろな放送が受信できました。
結論としては子供のころの感動は得られませんでしたが、まあ、もう少し
改造か何か別の手段で再チャレンジしてみます。

ではまた。

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »