« ワイン クラウディア・デ・ヴァルフォアモサ | トップページ | 私のオーディオ原点 その2 »

2017年2月11日 (土)

私のオーディオ原点 その1

最近、あまり音楽を聴けていません。
また、記事も書けていないです。久しぶりの記事となります。
何かのオーディオ誌で何人かの著名な方が、ご自身のオーディオの原点を語っていました。
その中で、ソニーのスカイセンサーという、ずいぶんと昔に販売されていたラジオが原点と
おっしゃっる方がいて、非常に嬉しくなりました。
実は、私も思うに自分自身のオーディオの原点はこれではないかと思っていました。

私がソニーのスカイセンサーというラジオと出会ったのは中学3年生頃。昭和48年頃ではないかと思います。

それまでは、どちらかと言うと、音楽(つまり音)が出るメカ(装置)に興味があって、音そのものが良い悪いは全く気にしておらず、音楽も聞いていましたが、むしろキットのラジオやアンプを買っては組み立てていました。
なので、先ずは広告を見たのか、とにかくその見た目のカッコ良いスタイルに憧れました。
とにかく欲しくて欲しくて、ようやく手に入れて当然ラジオ番組を聴きました。
その結果、このラジオで聞いたFM放送(FM大阪)の音の良さに驚愕しました。
それまで家にはAM放送が聴ける小さなラジオしかなく、また、レコードはありましたが、まともなアンプが無くて、音の良しあしを言える環境がありませんでした。
そこにこのルックスのラジオとFM放送の組み合わせで、それまで聴いたこともないようなクリアな大きな音で音楽が聴こえてきて家族で驚いたのを覚えています。

この当時、恐らく私はオーディオという言葉は知らなかったと思いますが、世の中にはとてつもなく良い音を出す機械が存在することを知った瞬間です。
Img_1162
画像は、現在も我が家にあるスカイセンサーです。
今でも立派な音を出します。
このラジオは何機種かシリーズがありましたが、これは5800という型番のものです。
この後継機の5900は、少し大人っぽい雰囲気が強かったように記憶しています。

当時、このラジオのライバルはナショナルのクーガとかいったラジオで、とにかく巨大な
スピーカーを搭載していました。
それを買った友人がいて、音を聴き比べ、同じFM放送がどの様に聴こえるのか、友人と語り明かしました。

この後、大学生になってから本格的にオーディオを始めましたが、今でも中学生のころの経験が原点だと思っています。

・・・その2を書くかどうか分かりませんが、先ずはその1としました。


« ワイン クラウディア・デ・ヴァルフォアモサ | トップページ | 私のオーディオ原点 その2 »

オーディオ」カテゴリの記事